ホームヘルパーの基礎、仕事内容、ホームヘルパーになる方法など

ホームヘルパーなび

仕事内容・資格情報を解説


ホームヘルパー1級

ホームヘルパー1級課程は、
ホームヘルパーとしてスキルアップしたい人、
主任ヘルパーになりたい人、
ケアマネージャーになりたい人向けの研修で、

ホームヘルパー2級の課程を修得し、
より深い知識や技術に加え、
チームケアやマネージネント能力などの知識や技術を修得しなければいけません。

ホームヘルパー1級課程は、
実務経験が1年以上で
業務従事日数が180日を超える方が対象になっています。

周辺のボランテイアなどの活用の仕方や
連帯の方法などを勉強するなど
リーダーとしても重要になりますし、
人材育成を行うという点からも責任がある立場になるので、
受講時間も長期間230時間になります。

講義が84時間、
演習が62時間、
実習が84時間
と実技に関しては
2級の3倍の時間をかけることになります。

またホームヘルパー1級課程を修了した人は、
3年ごとに資質の維持と向上のために
継続養成研修を受け、

チーム運営方式主任ヘルパー業務関連プログラム、
最新の知識プログラム、
指導技術と介護技術プログラム、
困難事例対応技術プログラム
の4つのプログラムの
いずれかを受講しなければいけません。

UP▲

~ホームヘルパーなびへ

Copy right(C)
ホームヘルパーなび
All Rights Reserved.