ホームヘルパーの基礎、仕事内容、ホームヘルパーになる方法など

ホームヘルパーなび

仕事内容・資格情報を解説


ホームヘルパー2級課程のカリキュラム

ホームヘルパー2級課程のカリキュラムは、
ホームヘルパーサービスに従事する人にとっては基本研修です。

福祉サービスの基本や仕事内容や
利用者に関する知識など必要な知識や技術を学ぶための課程です。

講義が58時間、
演習が42時間、
実習が30時間です。

講義は、
社会福祉の基本的な理念および福祉サービスを提供する際の基本的な考え方に関する講義が6時間、
老人保健福祉及障害者福祉にかかる制度およびサービスならびに社会福祉制度に関する講義が6時間、
訪問介護に関する講義が5時間、
老人及障害者の疾病、障害等に関する講義が14時間、
介護技術に関する講義が11時間、
家事援助の方法に関する講義が4時間、 相談援助に関する講義が4時間、 医学等の関連領域の基礎的な知識に関する講義が8時間です。

又演習は、
福祉サービスを提供する際の基本的な態度に関する演習が4時間、
介護技術に関する演習が30時間、
訪問介護計画の作成に関する演習が5時間、
レクリエーションに関する演習が3時間です。

演習では利用者に対する理解や態度をロールプレイなどの方法で身につけ、
訪問や退出する時の挨拶の仕方やものを処分する時や
移動する時の言葉のかけ方などを演習します。

実習は、
介護実習が24時間、
老人デイサービスセンターなどのサービス提供現場の見学が6時間行い、

訪問介護の現場で体験的に理解し、
ホームヘルパーとしての援助能力を高めます。

UP▲

~ホームヘルパーなびへ

Copy right(C)
ホームヘルパーなび
All Rights Reserved.