ホームヘルパーの基礎、仕事内容、ホームヘルパーになる方法など

ホームヘルパーなび

仕事内容・資格情報を解説


行政系養成研修のメリット、デメリット

ホームヘルパーの養成研修は、
自治体が直接実施あるいは
自治体から委託されている機関が行っているものと、

自治体の指定を受けている
民間企業や学校法人が行っているものです。

行政機関が行っている養成研修を行っている機関としては、
自治体のほかに

社会福祉協議会、
福祉公社、
福祉人材センター、
福祉人材バンク
などが定期的に行っています。

養成研修を受けたい方は、
その市町村の役場にある高齢福祉課の窓口に問合せるか、
福祉人材センターや福祉人材バンクの窓口に問合せてみてください。

養成研修の修了後、
その機関にホームヘルパーとしての
登録を義務付けられているところもあります。

また受講者が住んでいる場所が
主催団体のある地元に住んでいることが
条件になっていることがあります。

行政系養成研修の最大の民間機関との違いは、
費用の安さです。

行政系養成研修の費用は
テキスト代1万円前後ぐらいのところが多く、
所によっては無料の所もあります。

また研修は平日の昼間に行われるので、
仕事を持っている人は受講するのが困難であると思われます。

夜間とか土曜日に行われている場合もありますが、
最終の実習が受け入れる施設の都合で
平日に昼間に行われるため大変厳しいです。

また急用などで休んだ場合は
補講もないとことがほとんどです。

交通の便がよかったり、人気のあるところは
抽選になるなど
なかなか受けたくても受けれないのが実情のようです。

UP▲

~ホームヘルパーなびへ

Copy right(C)
ホームヘルパーなび
All Rights Reserved.