ホームヘルパーの基礎、仕事内容、ホームヘルパーになる方法など

ホームヘルパーなび

仕事内容・資格情報を解説


ホームヘルパー1級課程のカリキュラム

ホームヘルパー養成研修1級課程は、
2級課程修了している方で、
ヘルパーのリーダーとなりチームケアを行う場合のマネージメントなど
ケアマネージャーの仕事をこなすことができる実力をつける課程です。

研修期間も130時間と長期で、
実習種目も多岐にわたります。

〔 講義 〕
・老人福祉の制度とサービスに関する講義(10時間)
・障害者や障害児福祉の制度とサービスに関する講義(7時間)
・社会保障制度に関する講義(3時間)
・介護の方法や技術に関する講義(28時間)
・主任訪問介護員が行う他の保健医療サービスまたは福祉サービスを提供する者との連携等に関する講義(20時間)
・医学等の関連する領域の基礎的な知識に関する講義(16時間)

〔 実技演習 〕
・居宅介護支援に関する演習(6時間)
・介護技術に関する演習(30時間)
・処遇が困難な事例に関する演習(20時間)
・福祉用具の操作方法に関する演習(6時間)

〔 実習 〕
・介護実習(76時間)
・福祉事務所や保健所等の老人保健福祉に係る公的機関の見学(8時間)

なお1級課程修了後
3年ごとに継続養成研修を受講しなければいけません。

UP▲

~ホームヘルパーなびへ

Copy right(C)
ホームヘルパーなび
All Rights Reserved.