ホームヘルパーの基礎、仕事内容、ホームヘルパーになる方法など

ホームヘルパーなび

仕事内容・資格情報を解説


身体介護

身体介護とは
高齢や病気など様々な理由によって
介護を必要となった人たちに対して

日常生活を送ることができるように
援助したり支援したりするもので、

私たちが日常生活を送っていて普通にできていることに対して
体が不自由なために高齢者や障害を持った人が
できない部分を補助するものです。

具体的には
・食事をする時の介助
・排泄の介助
・歩くことの補助
・洗顔や歯磨きの補助
・入浴の介助
・衣類の着脱
・体位変換
・車椅子など移動の介助
・ベッドメーキング
などがあります。

また時として外出の介助や病院の付き添いなどもあり、
排泄がうまくできない人にはオムツの交換もあります。

身体介護は利用者の身体に触れる機会が多く、
家族でも体を直接接近させて介護するのを嫌がる方もみえますし、
高齢者などで骨がもろくなっているかたもみえます。

排泄などプライバシーに配慮するものもあります。

力を入れすぎると骨折したりするので注意も必要ですし、
日ごろと少し違うだけで
生命の危機を招くこともありますので注意が必要です。

体位変換の技術や車椅子の扱い方、入浴の仕方など
専門知識が要るものもあります。

利用者がリラックスして介護が受けられるように
いつでもスムーズに出来るように勉強しておく必要があります。

UP▲

~ホームヘルパーなびへ

Copy right(C)
ホームヘルパーなび
All Rights Reserved.