ホームヘルパーの基礎、仕事内容、ホームヘルパーになる方法など

ホームヘルパーなび

仕事内容・資格情報を解説


ホームヘルパーの仕事内容

ホームヘルパーの仕事は、
高齢者や障害者が日常生活を送るのに支障が出てきたときに
サポートするのが仕事です。

その仕事の仕方として
24時間巡回型と滞在型があり、
今は滞在型が主流になっています。

仕事内容としては主に生活援助と生活介護、
介護を受ける人やその家族の相談に乗ったり
福祉サービスや介護用品の紹介を行ったりするのが仕事です。

ホームヘルパーの仕事は、
家事の手伝いから医療行為に近いようなことまで様々あり
広範囲の分野にわたります。

どの仕事を行うかは
介護を受ける人やその家族が
どのようなサービスを受けたいか、
どのような生活を送りたいか
ヘルパー・コーディネータと相談した上で
ケアマネージャーが作成したプランを参照しながら決めていきます。

障害者や高齢者は自立した生活を送るための
リハビリを兼ねている人もいるため、
あくまでできないことだけ行い、
すぐに手を出さず見守ることも必要です。

UP▲

~ホームヘルパーなびへ

Copy right(C)
ホームヘルパーなび
All Rights Reserved.