ホームヘルパーの基礎、仕事内容、ホームヘルパーになる方法など

ホームヘルパーなび

仕事内容・資格情報を解説


総合病院

昔は看護士さんが行っていた仕事を
看護士に医療行為や看護業務を行うことに専念してもらうため、
大きな病院では市町村のホームヘルパーとして
登録し働いてもらっている所もあります。

ホームヘルパーは医療行為を行うことは制限されているため、
ほとんどがサポート業務です。

たとえば、入院患者さんの
食事の介助、入浴介助、排泄介助、病院内の消毒および清掃、
検査室や売店までの患者さんの付き添いなどをおこなっています。

また個人の病院でも
リハビリ施設などで患者さんのリハビリの介助をしたり、
サポートをしたりします。

これから高齢化が進む傾向があります。

介護療養型医療施設や
終末介護を必要とするホスピスなど
ホームヘルパーの活躍の場が増えるとともに
人数ももっと多くの方が必要になると思われます。

UP▲

~ホームヘルパーなびへ

Copy right(C)
ホームヘルパーなび
All Rights Reserved.