ホームヘルパーの基礎、仕事内容、ホームヘルパーになる方法など

ホームヘルパーなび

仕事内容・資格情報を解説


有料老人ホームや特別養護老人ホーム

高齢者が何かの理由で在宅にいることができなくなったり、
病気が進行して医療行為を
平行して行わなければいけなかったり
それなりの施設が必要な場合に施設を使用します。

施設として
・有料老人法ーム

・特別養護老人ホーム
・老人保健施設
・介護療養型医療施設
などがあります。

これらの施設を使用する前に
要介護認定を受けた後しか使用できない施設もあります。

特別養護老人ホームでのホームヘルパーは、
食事の補助、排泄の補助、入浴の介助などの身体介助を行うほか、
レクリエーションの企画やリハビリ時の介助などの援助を行います。

夜勤もあり、
3から4交代制の勤務のため体力的にハードです。

養護老人ホームは、特別養護老人ホームに比べると寝たきりなど
常時介護が必要な方が少ないため、
利用者の身体介助をしなければいけない比率は少なくなりますが、
できないところなどは手助けをする必要があります。

それよりも相談相手になってあげたり、
お話相手になってあげたり、
精神的なケアが必要に応じて行う必要があります。

また入居中に体の調子を悪くしたり、
痴呆症の症状がでてきた時には
介護をしなければいけません。

UP▲

~ホームヘルパーなびへ

Copy right(C)
ホームヘルパーなび
All Rights Reserved.