ホームヘルパーの基礎、仕事内容、ホームヘルパーになる方法など

ホームヘルパーなび

仕事内容・資格情報を解説


高齢者が利用する福祉施設

心身障害者や高齢者が自立するために
リハビリする場所や自宅に閉じこもってしまわないために
最近の介護施設ができています。

代表的な施設が
老人デイサービスセンターや在宅介護支援センターや身体障害者福祉施設です。

介護保険制度ができてから
利用者が老人ホームや大きな医療機関と併設して
在宅介護をしている方も利用できる施設が増えてきました。

ショートステイ、デイサービス、在宅介護支援センター、ホームヘルプステーションなどです。

この施設に従事しているホームヘルパーは、
通ってみえる利用者の食事の介助、排泄の介助、
それぞれの施設で行われているリクリエーションや催し物を催したり、
手芸や折り紙、あやとり、お遊戯などを
リハビリをかねて行っています。

また在宅介護を受けている方で
寝たきりの人の入浴サービスなども行っています。

またケアプランの不都合な部分の
ケアマネージャへの連絡や利用者の体調の変化などを
医療機関への連絡も行っています。

大抵の方が朝出勤して、
夜各々の自宅に帰るという
生活を送って見えます。

UP▲

~ホームヘルパーなびへ

Copy right(C)
ホームヘルパーなび
All Rights Reserved.