ホームヘルパーの基礎、仕事内容、ホームヘルパーになる方法など

ホームヘルパーなび

仕事内容・資格情報を解説


個人の家

高齢者や障害者達が日常生活を送る上で支障がある場合、
そのお宅を訪問して食事の支度や掃除、
買い物などの生活全般のサポートをしたり、
食事の介助や排泄の介助、
入浴の介助などの身体介護を行ったりします。

この仕事を行う働き方として、
24時間巡回型と滞在型があります。

24時間巡回型は、
1軒あたり30分ぐらい短期間,利用宅を巡回しながら訪問して、
オムツの交換や体位変換、安否確認などを行うサービスです。

夜中や早朝の仕事が中心になり
家族が熟睡できるように介助しています。

時間的に男性のホームヘルパーが行っていることが多く、
利用者が寝ている時にサービスを行うので
合鍵を持っていることが多いです。

そのため信頼してもらえるようにしなければいけません。

滞在型は
1軒の利用者宅に1から3時間ぐらい滞在して
食事の支度や掃除などの生活援助を行うサービスです。

滞在型で働いている方の従事時間は
1時間から3時間が多く、
平日の昼間だいたい午前9時から午後5時ぐらいに
サービスをすることが多いことから
女性や学生が従事している方が多いです。

高齢者のサポートを充実させるため
長期滞在型を実施している所もあります。

UP▲

~ホームヘルパーなびへ

Copy right(C)
ホームヘルパーなび
All Rights Reserved.