ホームヘルパーの基礎、仕事内容、ホームヘルパーになる方法など

ホームヘルパーなび

仕事内容・資格情報を解説


ホームヘルパーの働く場所

介護を必要とする人はおおまかに
高齢者、身体障害者、知的障害者です。

その方がいる場所および利用している施設などが
ホームヘルパーの働く場所です。

高齢者向けに働いているホームヘルパーは

特別老人ホームなどの社会福祉施設、市町村などにある社会福祉協議会に所属しているホームヘルパー、
入浴や配食、介護機器を扱うシルバー産業についているホームヘルパー、
在宅介護をしている人を支援するデイケアセンターで働いているホームヘルパー、
そして在宅介護している人をサポートするホームヘルパーがいます

利用している方の家を訪問したりしてサポートしている
ホームヘルパーが圧倒的に多いです。

また障害者向けのホームヘルパーは
障害者の方が働いていたり生活している障害者施設や
更生施設で働いているホームヘルパーが圧倒的に多いです。

一部は利用者が単身などで
一人で自立できない場合は利用者が住んでいる家にいって
生活援助をしているホームヘルパーもいます。

また少数介護に関する学校などで
介護についての教育に携わってみえる方もいます。

UP▲

~ホームヘルパーなびへ

Copy right(C)
ホームヘルパーなび
All Rights Reserved.