ホームヘルパーの基礎、仕事内容、ホームヘルパーになる方法など

ホームヘルパーなび

仕事内容・資格情報を解説


ホームヘルパーとは

ホームヘルパーは、心身に障害がある方や
高齢者の方が日常生活を営む上に支障がある場合、
その人の生活レベルを維持し、
いきいきと充実した生活を送れるように、
身体介護や家事援助を行い生活面で自立できるように手助けをし、
サポートを行う人のことを言います。

ホームヘルパーになるためには、
都道府県の指定している養成研修を受け
修了しなければなりません。

ホームヘルパーの資格は3級から1級まであります。

ホームヘルパーとして仕事に就くためには、
2級ホームヘルパー養成研修修了資格を取得していないと
雇わない所が多いので、
2級の資格の過程を修了しておいたほうがいいでしょう。

今は圧倒的に高齢者のお世話をする
介護保険制度のもとでのホームヘルパーが多いです。

介護保険制度が改定されたことと
高齢者が多くなっているにもかかわらず
介護する人が核家族化していることから
ホームヘルパーの需要は増加しています。

UP▲

~ホームヘルパーなびへ

Copy right(C)
ホームヘルパーなび
All Rights Reserved.